2006年01月06日

不動産とは・・


今回はちっと時事問題をとりあげてみようと思います。


”不動産”です。


近頃テレビでよくやってますよね。あの姉歯とか・・。
(イジリー岡田そっくりすぎでしょ?)


しかし株式会社 ヒューザー社長の小嶋は悪い顔してますよねぇ〜。

っていうかみんな悪い顔してますわ。

昔おばぁちゃんに悪いことすると顔にでるぞって言われたことがありますがそのとおりです。 (ばぁちゃん流石!!)


マンション購入とかはあてはまらない人も多いと思うので、賃貸でのトラブルについて体験談を参考までに。


敷金でのトラブルです。


マンションを退去する時に敷金が帰ってこないとかそんな経験ないですか?

私はついこの間ありました。


私はタバコもすわないしかなり綺麗に使っていました。


で、退去する際その不動産の担当者の方と立会いというのがありました。

要はここが汚いとかのチェックです。

若い担当の人が来て壁の汚れとか、いろいろ言ってきました。

ここでポイントです。

決して折れちゃだめです。

今は東京ルールというのがあるのである程度守ってくれますから。
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/juutaku_seisaku/tintai/310-0-jyuutaku.htm

不動産も東京ルールに対しての対処を勉強してるみたいですが、ひどい不動産はあやふやにしか知らなくてもこんなことを言い切って終わらせる術があるみたいです。

『あれは法的な拘束力はないですからね・・・。』

とか

『施行がされたのは平成16年10月1日だから適用外ですね』

知らない人なら面倒だしそうなんだぁ・・と終わる人がいるみたいですが・・


決して折れちゃだめです!!

基本的に東京ルールというのは消費者(借主)を守るために施行されたわけですから施行前に契約した方でも基本的にはそれに順じ対応しなくてはいけないはずなのに、そんな言い方をする不動産の担当は疑ったほうがいいです。

不動産は貸主を守りますから特例とかを作って東京ルールの隙間をぬって貸主の負担をおさえてやろうとゆう風潮があるみたいですよ。

だからこそ


決して折れちゃだめです!

ちなみに私は敷金を25万円ほど入れていたのですが、

その不動産から来た請求はなんと


15万円!!


げ・げ・げ・げ・ぇ〜exclamation&question


あまりにも古いリアクションがでてくるほど怒りと嘆きのブルースでした・・・。

その内訳を見たら
全体クリーニング、、クロース一部張替え、一部クリーニングとか訳のわからないことばかり書いていて、その見積もりも立会いでは言われなかったじゅうたん張替なんぞも入っていて
あきれる私にそこの担当者が言った言葉は以下の通りです。


『いやぁ〜家主さんが古い方で・・使ったものはその状態にして返すって言うのが心情の人で・・・』


あなたはそんな言葉を言われたらどう感じますか。


私は怒り爆発でした。爆弾


家主が古い新しいは俺には関係ない。立会いで言わなかったじゅうたんの張替えとか、故意的に汚したものでなければ家主が負担するというのが東京ルールにあるしょうとキレながら伝えると、わかりました家主さんと交渉してみますといいその場を収めていきました。



その後3回にわたり相手の言ったことをメモしたりテープにとったりしましたが、一言でいうと


適当すぎ・・

最後は上司が出てきて説明してくれました。それも業界知識を並べる釈然としない説明です。

みなさんも今後のために覚えておくといいです。

私も違う業界で折衝業務をしたことがありますが、

その業界の小難しい知識をひけらかせては相手のいうモチベーションをなくすという技を出します。

結果からいうと私が支払った額は

当初15万円だったのが


なんとexclamation&question



5万円です。


ひどくないですか?


正直お世話になったので有る程度は飲んでやろうと思ってたのですが、あまりにプロ意識のなさに腹が立ってしまいました。

その不動産は渋谷区にありますが、意外と不動産でも名が知れてる会社です。


知らないと思って気づいたら損してるという事がこの世の中多いですから、勉強と思ってまず自分が納得するまで聞いてみたほうがいいです。もしかしたら親身になって聞いてくれる良い出会いがあるかもしれないですし。

私は個人的に世話になった人へは恩を返す人間なので物件を紹介して頂いた方にマンション購入したい仲間を紹介したぐらいですから・・。(フューザーでなくてよかったですが・・。)

あとこれから部屋を決める人へアドバイスとしては部屋も大事ですが、その担当者で選ぶ方法をおすすめします。

間違ってもこんな人は辞めとくべきです。

あなた『部屋を探してて・・。』
担当者『ご予算と場所は?』
あなた『え〜目黒区で6万くらい・・』
担当者 『はっはっはつ・・無理ですよ』

こんな奴は絶対なしです。

お客としての対応ができてない奴に時間を割くのがもったいない。


営業でも間違ってはいけないのが


軽い明るい の差です。


きちんとした対応ができないのは、その会社の先輩もそのレベルだからまかりとおってるんです。そんな所がいい仕事するわけないしできるわけないです。


これから引越しシーズンを迎える方も多いでしょうからこんな体験をして困ってる方がいたら教えてやってください。

それでも不動産側が引かないなら消費者センター行きますというのが効くらしいですよ。


困ったら

東京ルール

OR
消費者センターを合言葉でGO!です。


そんな訳でまた次回
posted by wannabeee at 11:47| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。